Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
レオタード工房
おはりこさん

既製レオタード

型紙

型紙の注文はこちら

レオタードの作り方

スカート付きレオタードの作り方(1)

スカート付きレオタードの作り方(2)

スカート付きレオタードの作り方(3)

型紙が届いたら

肩紐レオタードの作り方

ユニタードの作り方

おはりこのアルバム

おはりこのHP

レオタード作りQ&A(1)

レオタード作りQ&A(2)

旧ブログのサイドバー「Q&A」をクリック

おはりこさんの道具箱 Part1

旧ブログ〜最新のレオタード
参考価格を表示しております。

携帯から送信される方へ

こちらからの返信を
受け取れない方が増えています。
フリーメールをご利用される方法もあります。

New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
バーガンディレッドのダンス衣装*できました

編み上げの紐を作るのが苦手

それを付けるのも苦手

 

ハンガー吊りだと形がわからない。

 

 

わからないのがいいのかも

 

今日は九州のお客様が工房に来てくださって

衣装を見ていただきました。

 

明日は関西コンテストです。

9年前に関東の方にお仕立てした衣装をお召しになって出場される方がいらっしゃるので

応援に行ってきます。

(9年も前?!)

九州の方も今年から関西のチームなので拝見できます。

楽しみ〜

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 20:58 | comments(0) | - | - | - |
紫のスケーター衣装*できました

スカートのウエスト部分に切込みを入れて開くことによって

フレアを多くする。

 

後ろの方が良く分かるかな

 

スカート付け位置より上の部分がなければこのようなことをしなくてもいいのですが

どうしてもハイウエストの切替え部分からつながったスカートを付けたかった。

 

スカートのウエストの部分に伸びないブレードが付きます。

伸びない場合、付ける位置の1.1倍長さのものを付ける

と生地屋さんに書いてあるのを見かけました。

 

私は平気でそのままの長さで付けます。

それは布を余り伸ばさないで着るように型紙を作っているからですが

大きいサイズの場合は実寸より小さめに作ります。

そのままの長さではたいへんなことになる!

 

ゆとりを持たせることにしました。

だったらお尻が通るくらいまでゆとりをもたせられないか。

 

計算上ではぎりぎりお尻が通ります。

中央のところは、モチーフに縫い付けるだけにしています。

これでもしお尻が通らなかったときは外してもらって

モチーフの下でブレードがつながていない方が布が伸びてくれます。

 

スカートは脇をスリットにしています。

これでよければスリットの端ミシンをかけるのですが

ご希望はザキトワの衣装のようにボックススカートの位置でスリットが入るもの

 

試着してみて

このままでよければ、スリットは

折り返して端ミシンか、できあがり線で切りっぱなしか巻きロック

 

着てみてもっとスリットの位置を内側にした方がいいかもしれないから

やはりスリットの処理はしないでこのまま

 

もう1つ可能性があって

ザキトワみたいに脇から内側に入ったところでスリットを入れる

そうするためには

脇は縫い合わせることになるので

やはりこのまま

 

 

後ろのモチーフがなぜ3つだけか?

前が左右対称ではないので、後ろもアンシンメトリーにしたくなります。

 

このままでは変ですが

パワーネットとの切替線にもスパンを並べればいい感じになると思います。

 

袖下や袖山の縫い代をぎりぎりまで切り落とさないで残していたり

股下の縫い代も多めにしたままにしています。

 

こちらの衣装はお目にかかって打ち合わせをして

採寸も私がしたので大丈夫なはずなのですが

どうしても余白を取っておきたい。

 

実は直接お目にかかって打ち合わせ、試着してもらって補正の確認という作業が

苦手です!!!

 

冷静な判断ができなくなってしまうからです。

 

でも、これからはもしかしたら、そういうお仕立てが増えるかもしれません。

なんとなくそんな気がしています。

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 21:55 | comments(0) | - | - | - |
二兎追うものは・・・

紫の衣装があと少しでできる、というところで

集中力が切れて、失速!

 

ちょうど発注した布が届いたので

赤の衣装の方にかかりました。

 

プリント地の裏が白っぽいので黒のパワーネットを付けることにしました。

 

ところが手持ちの布では前スカート分しかない。

他の布では重かったり、透けすぎたり。

それでパワーネット待ちになりました。

 

2枚に重ねたスカートの上側だけ

裾を引き上げて下のスカートを見せるのですが

 

どこでどれくらいタックを寄せて引き上げればいいのか

ただ引き上げたのではスカートの形が変わるので

どこかに切れ目を入れて、形を保ちつつ

 

不思議でした。

布が収まりたいところを探り当てていくような感じでした。

 

左前を引き寄せ、そこから上スカートだけ斜めにカット

脇にはこんなタックを寄せて、

 

脇から後ろスカートも斜めにカット

 

こちらもあと少しで仕上がるというところで時間切れ

 

関西コンテストの前にどちらも仕上がりそうでほっとしています。

 

JUGEMテーマ:レオタード

 

 

posted by: ohariko | | 21:38 | comments(0) | - | - | - |
紫のスケーター衣装*試行錯誤

赤の衣装が布待ちになってしまいました。

 

紫の方は、スカートは台形(Aライン)でサイドスリット

ということになっていたのですが、もう少しフレアが欲しい。

脇側だけ外に出すとサイドだけ量が多くなってしまう。

 

扇形にすればいいのですが

スカート付け位置より上の部分があるのでそれもできない。

 

型紙を何度か作り直した結果

スカート付け位置がV字なので

わかるでしょうか。

 

中央で布を左右に少し開いています。

こうすることで前中央でフレアができます。

 

最初もっと開いていたのですが

そうすると前だけにひだができるので少しだけになりました。

 

後ろはお尻の上に乗るので、もっと開くようにしています。

 

試行錯誤の末にできた型紙が

お客様の用意した布にスポッと収まったので嬉しくなりました。

 

スカートは2重です。

それぞれ脇を縫って重ねたら、パワーネットの縫い代が丸見え

 

2枚を重ねて脇を縫い直します。

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 20:49 | comments(0) | - | - | - |
紫のスケーター衣装*朝駆け

毎朝4時におきて工房には5時前に着きます。

そこから神棚に祝詞を奏上して、掃除をして、料理して、お茶を飲んで

7時から針仕事

 

この時間にスパン付けをするのが好きです。

 

紫は目立たないなあ

 

他の色を置いてみたけど、ここは紫

 

紫の外側にゴールドを付ければいい。

どんどん増やせます。

 

9時ごろからオーダー型紙作り

1日1着がベストです。

 

それからお仕立ての仕事

 

お天気が悪くて暗い日でも自然光だけで仕事をしたい

電気の明かりは見えにくい。

針仕事より型紙が作れません。

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 20:56 | comments(0) | - | - | - |
バーガンディレッドのダンス衣装*折り目が付かない

後ろの中央は編み上げのように紐を付けます。

 

こういう時は伸びない生地の方がいいなあと思います。

アイロンで押さえて折り目をつければ固定されます。

伸びる生地はしつけ糸で留めても

下手にミシンをかけると歪みます。

 

前はタックのない部分は見返しをつけて

タックのある部分は折り返して、手縫いでパワーネットに縫い付けました。

 

かなりの厚みです。

 

タックの端ミシンはぎりぎりより少し離した方がきれいですね。

 

縫い直せるかなあ?

もう筒に縫ってしまったから

先にスカート付けをします。

 

これも2枚重ねでひだを付ける

上手くできると思い込むしかありません。

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 21:09 | comments(0) | - | - | - |
バーガンディレッドのダンス衣装*タック

バーガンディレッドとはブルゴーニュワインの色だそうです。

ワインレッドはボルド―ワイン

 

トリコットだけでなく、布を切った横端が丸まっていく生地は

スカートの裾が縦端になるようにします。

 

布目は縦糸で合わせます。

横に見える筋は縦糸に垂直ではありません。

 

型紙の中心線に垂直な線を縦に見える筋に合わせる。

 

スカートはAラインでプリント地との2重になります。

 

問題は上半身

タックを入れます。

本来ならボディにマチ針で留めて作っていくのでしょう。

伸びる布なので段ボール台紙でできます。

 

反対側を交差させて、ミシン掛けします。

 

布目が合っていないと着た時に身体にフィットしないのだけど

この場合はどうなるのかな?

パワーネットの土台が必要か?

下側になっている生地の平らな部分は布目を合わせているので

このままでも大丈夫かもしれません。

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 21:41 | comments(0) | - | - | - |
紫のスケーター衣装*懐かしい

おしゃべりしながら何気なく手が勝手に描いたようにものが

一番きれいな形であることはこれまでにも何度もありました。

 

これを見ながら型紙に形を描いていきます。

ひし形のミラーストーンが入るので線はガイドラインです。

 

なんだか懐かしいモチーフだ。

これは何年前のお仕立てかなあ。

 

紫のトリコットをパワーネットを使います。

形に切って縫い付けるのではなく

ミシン掛けして余分な布を切り落とします。

私はミシン掛けが下手なので、こうしないときれいにできません。

 

ここまでしておいてスパン付けはぼちぼち

 

これでアームカバーとレオタードの2点仕込み完了

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 21:15 | comments(0) | - | - | - |
紺&白ベロア切替えのペア*アームカバー

こちらの衣装のアームカバーです。

 

切り替えは色の薄い方を下に

ベロアは一番上にが基本

 

どうしても白が上に重なっている布の厚みというか

演技して動けばそんなものわからないのに拘っています。

 

白は透けるので下の余分な紺の布を切り取れない。

全部残っているのでますますずれる。

 

ずれることを考えてミシンをかけられるようになった

と言えるかな。

 

レオタードのときとは方法を変えて

白の布を形通りに切って、紺の布に付けた印に合うように

ミシンをかけていきました。

 

ここまでしていたら

ラインストーンやスパン付けはぼちぼちできます。

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 22:16 | comments(0) | - | - | - |
黒箔加工ベロア・レースモチーフのダンス衣装*後ろは

後ろは大きなバラの黒レースにしました。

 

 

不思議なことに

この黒レースを使った衣装の方からご連絡があって

取れたラインストーンのご注文でした。

引き合うんです。

 

JUGEMテーマ:レオタード

posted by: ohariko | | 21:16 | comments(0) | - | - | - |